Windows 用のフリーソフト、ゲーム、フォントの開発と配布。

ワンタッチソフト

OTEditor

文字装飾、署名、Readmeエディタなどの多彩な機能やオプションを備えた「OTEditor

OTEditorの概要

文字装飾、署名、Readmeエディタなどの多彩な機能やオプションを備えた、高機能テキストエディタです。

あなたは、今までお使いのテキストエディタに満足していますか。普通、テキストエディタといえば、簡単で低機能なもの、とても多機能で複雑なものの2種類しか分類がなかったと思います。もし、ちょうど良い雰囲気のエディタがあったとしても、何か肝心なところが抜けているようなものも多かったと思います。

しかしこの「OTEditor」は、簡単に言うと、“ちょうど良いエディタ”です。何がちょうど良いかといいますと、多彩な機能が搭載されていて高機能ですが、操作に迷わないユーザインターフェースですし、肝心な機能がないということもありません。

このエディタは、今まで数々のエディタを試しては乗り換え、試しては乗り換えを繰り返していた方にも、Windows付属のメモ帳以外のテキストエディタを使ったことがない方にも、もってこいのテキストエディタなのです。

OTEditor画像

搭載機能

  • 署名挿入機能
  • PDF変換機能
  • OTボード(簡易クリップボード)
  • 独自ファイル形式(*.txtの通常形式も利用可)
  • ウィンドウ半透明表示(無効化可能)
  • 常に最大化して起動(無効化可能)
  • 自動バックアップ(無効化可能)
  • 選択文字例変換
  • 自動上書き保存(無効化可能)
  • 最小化時自動バックアップ(無効化可能)
  • 外部ファイル、フォルダ機能
  • 文字カウント
  • 太字などの文字装飾機能
  • RTFで出力
  • Readmeの作成
  • HTMLタグの簡単挿入
  • 定型文挿入機能
  • エディタ背景色の変更
  • 上書き保存時に、前の内容をバックアップ(無効化可能)

各機能の概要

上記で挙げた各機能について簡単に説明します。

署名挿入機能

あらかじめ設定した署名をワンタッチで挿入&起動時に挿入できます。

PDF変換機能

作成したテキストファイルを、PDF形式で出力できます。

OTボード

Windowsのクリップボードとは切り離された、OTEditor独自のクリップボードです。

独自ファイル形式

OTEditor専用のファイル形式です。もちろん、通常のテキスト形式も利用できます。

ウィンドウ半透明表示

OTEditorウィンドウを、半透明で表示できます。

常に最大化して起動

OTEditorウィンドウを、常に最大化で起動できます。

自動バックアップ

強制終了などによってファイルが失われないように、編集中ファイルを指定時間ごとに自動でバックアップできます。

選択文字例変換

【全角/半角】、【ひらがな/カタカナ】、【大文字/小文字】の相互変換と、【漢字からひらがな】への変換が出来ます。

自動上書き保存

OTEditor終了時、自動的に上書き保存できます。

最小化時自動バックアップ

最小化したときに、自動バックアップできます。

外部ファイル、フォルダ機能

外部ファイル/フォルダとして登録したファイルをワンタッチで開けます。

文字カウント

文字数や行数、バイト数をカウントして表示します。

太字などの文字装飾機能(1文字ごとにも可能)

太字、斜体、下線、取り消し線、左揃え、中央揃え、右揃え、箇条書き、文字色変更、文字サイズ変更が出来ます。

RTFで出力

ワードや、ワードパッドなどでも開ける型式で出力できます。

Readmeの作成

Readme作成専用ソフトにも負けない、強力なReadme作成ツール。

HTMLタグの簡単挿入

タグに文字を適用した状態で、タグを簡単に挿入。

定型文挿入機能

あらかじめ設定した定型文を簡単に挿入できます。

エディタ背景色の変更

テキスト編集部分の色を、白以外に変更できます。

上書き保存時に、前の内容をバックアップ

誤った内容で上書きしてしまっても、簡単に前の内容に戻せます。

ダウンロード

ダウンロードは、ダウンロードページよりお願いします。

「OTEditor」の出版物への掲載履歴

  • Vector 新着ソフトレビュー (記事はこちら)
  • Windows100% 2009年6月号
  • iP! 2008年1月号
  • 週刊アスキー 2007年9月中旬発売号
  • @Nethome 2007年7月7日