Windows 用のフリーソフト、ゲーム、フォントの開発と配布。

ワンタッチソフト

ワンタッチソフトの考え方

ソフトウェア開発やユーザ様との関わりについて、ワンタッチソフトの考え方をご紹介します。

よりよいサービスを、より多く、約束通りにご提供

ワンタッチソフトは、ソフトウェアやインターネットサービスには「開発者と利用者の関係」があるということを尊重し、より深いその関係を築けるような運営を目標としています。

ワンタッチソフトでは、ユーザ様の意見を多く取り入れた、ユーザ目線での「よりよいソフトウェアとインターネットサービスの提供」を柱に、それを「数多くの種類で実現する」ことを目標にしています。

また、大規模なソフトウェアやインターネットサービスの開発を始めた際は、その公開時期や搭載機能などをニュースリリースとして皆さまにお知らせします。これは、お知らせした機能は必ず搭載するという自信のもとで、皆さまにいち早く開発状況をお知らせしたいという願いからです。

ワンタッチソフトでは、このときにお知らせした機能や公開時期などを下方修正することはなるべくおこないません。もし仮におこなったとしても、その変更に対する新しいニュースリリースを発表します。

「開発者の苦労=使いやすさ」ではない

ワンタッチソフトのサービスの根幹にあるのは、「シンプル」であること。ユーザが求めているものはなにか、を常に考え、インタフェースもユーザ目線になるよう工夫しています。

難しくて複雑なコーディングで満足するのは開発者だけです。ユーザが見ているのは、そのコーディングの結果「何ができるのか」。

複雑な機能をシンプルに実装すること。大切なのは、それだけです。

*コーディング = プログラムを書くこと

ユーザが自由に設定できる

ワンタッチソフトのソフトウェアは、設定項目を多く設けています。可能な限りの1つ1つの動作などについて、どう動いて欲しいのかをユーザが設定できるようにしています。未来の仕様変更で、ある機能に変更が生じても、以前の仕様の動作ができるよう設定項目を設けます。いつの間にか動きが変わっていて使いにくくなる、というようなことが無いようにしています。

賛否両論ある方針ではありますが、ワンタッチソフトは当初からこの考え方を続けています。

インストーラを使わない

ワンタッチソフトでは、やむを得ない場合を除きインストーラを使用しません。解凍してすぐ利用できる、いらなければすぐに削除できる。シンプルな行動です。

ソフトウェアに広告を表示しない

ワンタッチソフトのウェブサイトには、運営費補填のためいくつかの広告を表示させていただいております。しかし、ソフトウェアに広告を表示させるようなことは絶対に行いません。私自身がそのようなソフトウェアで不快な思いをした経験があり、同じことをユーザの皆様に味わってほしくないからです。

ワンタッチソフトの約束

ワンタッチソフトは、以下に示す約束を守ります。

  • ユーザ様のご判断を誘導したり、強制したりすることはしません。
  • 透明性の高い運営を行い、情報開示に最大限の努力をします。
  • ユーザ様のご期待に添えるソフトウェアやインターネットサービスを開発できるように最大限の努力をします。
  • お問い合わせやお叱りの言葉(メール等)は必ず目を通して理解し、適切に返信いたします。